お客様を楽しませる、ディスプレイ用品・季節装飾品

お客様に「好かれるお店」になるための店舗装飾品、ディスプレイ用品・季節装飾品、販促グッズ。

カザリラボ・ブログでは、お店や施設、売り場の店舗装飾品、商品ディスプレイ用品・季節装飾品、飾り付けアイテム、POP(ポップ広告)販促グッズの「お役立ち情報や豆知識」を紹介しています。

お店の季節演出、商品ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを設置するための考え方やコツ、装飾商品の紹介はもちろん、装飾や陳列に便利な道具、材料、販促や集客企画の手法、ビジネス・商売に関する「気づき」、デザイン制作のアイデア・ヒントに至るまで、ボクが店舗装飾、飾り付けの仕事に携わって、思ったこと、感じたこと、気づいたことを個人的な見解で発信しています。

今回は、お店や商業施設、売場、サービス店舗の運営で、「お客様の心に響かせる」ための、広告や販売促進、POP(ポップ広告)、店舗装飾、商品陳列など考え方について。

お店(会社)や商品・サービスを「好き」になってもらってから、「お買い物」をしてもらうと「楽しい」。

モノが溢れている現代。

今の日本では、だいたいのモノは渡りきっていて、ほとんどの人が生活するのに大切なモノは既に所有している、と考えた方がいい。

そんな中、今だに一方的な売り込みのチラシやDM、安売りセールの案内だけのPOP、ただ並んでいるだけの商品陳列をしているお店や売場を見かけます。

お店の広告や販促物、POP(ポップ広告)を見ていると、見ず知らずの人にいきなり声を掛け、「買ってください」と言っているようなものばかりです。

せっかく来店してくれた大切な見込み客に「押し売りセールス」しているようなものです。

そんな「押し売りセールス」のお店での「お買い物」は、楽しいわけないですし、サービスも出来ることなら受けたくない。

やっぱり、お客様には「お買い物」を楽しんでもらいたいものです。

サービスを提供して、お金を戴くなら十分に満足してもらいたいものです。

ですから、店頭や購買時点で、広告や販促品をお客様の心に響かせるには、「お客様の気持ち」をもっと考えたアプローチをするべきなんです。

いきなり、「買ってください!」「食べてください!」と言い寄っても、いくら他店より価格が安くても、見る気にもならないし、もちろん買う気にもなりません。

いきなり「買ってもらうこと」を考えるより、これから見込み客になりそうな人々に、「楽しいお買い物」をしていただいて、お店(会社)や商品(サービス)のことを「好き」になってもらうことが先決です。

それはファッション関連や雑貨の小売店だけではなく、飲食店や美容室などのサービス業のお店にも当然言えることです。

「好き」になってもらうには、「喜ばす」こと。

「お店(会社)を好き」になってもらうには、相手を「喜ばせる」こと。

それは、“恋愛”でも同じですね。

お店のお客様獲得は、ある意味“恋愛”に似ています。

好きになって欲しい相手に、いくら「好きだ、好きだ」と言葉で連呼しても、なかなか伝わらないでしょう。

好きな相手を口説きたいときは、まず相手が「喜ぶこと」をしてあげると、かなり前進しますよね。

相手を「喜ばせる」ためには、相手の行動や表情、趣味嗜好、考え方、ライフスタイル、などをじっくり観察して、話しを聞いて、その相手の事を「よく知ること」が重要です。

好きな人を映画に誘うときは、相手の好きなジャンルを考えて誘う。

それは、恋愛ものかもしれないし、ヒューマンドラマかもしれないし、SFアドベンチャーなものかもしれない。

食事に行きたいなら、相手の好みに合わせたお店をセレクトする。

オシャレで落ち着いた雰囲気のイタリアンかもしれないし、「美味しい」と評判の和食のお店かもしれないし、最近新規オープンした話題のお店かもしれない。

お花をプレゼントするときは、その人が好きなお花を選ぶことも大切ですけど、相手の雰囲気やイメージに合うお花やカラーを考えて「あなたのイメージはこうですよ」と伝える。

部屋に呼ぶのであれば、少しでも相手が気持ちよく過ごせるように、きれいに掃除して、空気を入れ替えて、居心地良くすることを考えます。

相手のことを考えず「好きだ、好きだ」、こっちの話しを「聞いて、聞いて」ばかりでは、相手のことは少しも理解できません。

しっかり相手のことを考えないと、的を外した言動や行動、プレゼントは逆効果になってしまう。

相手のことがわからないまま行動に移すと、それは「押しつけ」になってしまいます。

お店に「来店してほしいお客様」が「喜ぶこと」を考える。

お店も一緒。

もちろん個人的な“恋愛”のように、お客様ひとりひとりの趣味嗜好などにあわせることはできません。

だから、お店に「来店してほしいお客様のこと」をしっかり考えることです。

「来店してほしいお客様」を「喜ばせる」には、対象となるお客様の行動や表情、趣味嗜好、考え方、ライフスタイルなどを、しっかり考えて表現すること。

「売りたい、売りたい」が全面に出過ぎると、相手のことがわかりません。

お客様のことを知らずに、お店の広告や販促品、POP(ポップ広告)、季節装飾品、店舗装飾品・ディスプレイ用品を飾っても、お客様は喜んでくれませんよね。

価格提示や商品のスペックばかり掲載されたチラシやPOP(ポップ広告)なんて、嬉しくも楽しくもない。

お店で重要なことは、「来店してほしい」お客様が「喜ぶこと」をしてあげること。

お客様は、自分にとっての何らかのメリットがなければ、心は動きません。

それは、悩みやストレスの解消かもしれません。

話題の商品を誰よりも先に試したい、という想いがあるのかもしれない。

広告や販売促進のチラシ、POP(ポップ広告)で言えば、来店するお客様のメリットを的確に捉え、どう行動してほしいかを明確にすること。

商品陳列・商品ディスプレイでは、「来店してほしいお客様」に、お勧めしたい商品(サービス)をきちんと「提案」してあげる。

店舗装飾品や季節装飾品は、お店独自の世界観、イメージを演出して表現することで、「来店してほしいお客様」に、居心地の良い空間を提供してあげる。

モノや情報が溢れる時代。

「お客様の気持ち」を考えたアプローチをすることで、お客様の「心に響く」広告や販売促進、店舗装飾や季節の演出、商品ディスプレイ・陳列が表現できます。

いきなり「買ってもらうこと」を考えるより、これから見込み客になりそうな人々に「楽しく」お買い物やサービスを受けられる空間を創って、まずお店や商品(サービス)のことを「好き」になってもらうこと、が大切です。

まずは、ディスプレイ用品や季節装飾品、店舗装飾品で、あなたのお店に「来店してほしいお客様」を「喜ばす」ことから始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする