秋の季節装飾品・シーズンディスプレイ用品 内の商品カテゴリー

小売店やお菓子やさん、飲食店、雑貨店をはじめ、今まで「ハロウィンは直接関係ない」と思われていた様々な業種・業態でも、『新しい「商機」をつくる』という意味も含め、「冬のクリスマス」と同様に「秋のハロウィン」で、ディスプレイ・店舗装飾を考えてみるのも良いのでは?

詳細はこちら

【秋の紅葉装飾品・ディスプレイ用品】紅葉リーフ・紅葉リーフガーランド・紅葉ブッシュ・紅葉スプレイなど

詳細はこちら

秋の季節装飾品、オータムタイトル・オータムスタンド・オータムポット・オータムクリップなど

詳細はこちら

秋の装飾品・ディスプレイ用品・販促グッズ・飾り付け演出小道具アイテム

お店や施設、売り場にとって、夏から秋への切替えディスプレイ・店舗装飾は、とても重要だと言えます。

なぜなら、店舗や施設のディスプレイ、店舗装飾にとって、「秋」は「変化」を大きく表現できるシーズンだからです。

「夏」という開放感いっぱいのアクティブで活動的なシーズンから、「しっとり」「穏やか」な季節への移り変わりは、人々の感情に与える影響が強い時期です。

季節装飾品やディスプレイ用品、飾り付けグッズでお店や施設、売り場を演出することで、ハロウィン、クリスマスを控えた「秋」から「冬」にかけての後半戦の商戦時期に売上げ・集客を伸ばすためにも、人々の「秋」に対する想いを上手く採り入れ、お客様の心をお店に惹きつけることが大切です。

秋【autumn】とは~

一年の中でも特に暑い頃、毎年8月7日~8日ごろが、立秋(りっしゅう)です。

この日が暑さの頂点なんですけど、暦の上では立秋から「秋」が始まるんですね。

立秋は、夏至秋分の中間で、初めての気配を感じる頃とされ、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬(11月8日頃)の前日までが「秋」の季節ということです。

でも、現実的には8月中旬、つまり、お盆を過ぎるあたりから、人々は「夏」の終わりを感じはじめ、「秋」を意識しはじめます。

8月の中旬から11月上旬までのシーズン「秋」は、秋の長雨や台風などと天候が変わりやすい時期ですけど、暑さも和らぎ、気候も爽やかで、過ごしやすい日が続きます。

「実りの秋」「収穫の秋」といわれるほど、穀物や野菜、果物などが美味しい季節だから、人々の食欲も旺盛になりますし、「秋の連休」もあり、敬老の日、ブライダルや旅行、スポーツ・文化・娯楽イベントなども多々催され、人々の行動が活発になりますね。

8月下旬〜9月上旬ごろから「敬老の日」のギフトイベントと並行して「秋のディスプレイ・店舗装飾」を展開するパターンが多いようです。

シーズンディスプレイ・店舗装飾は「初秋」、ギフトイベント・イベント装飾は「敬老の日」、という展開ですね。

そして10月は、いよいよ「ハロウィン」のディスプレイ・店舗装飾シーズンになります。