春の季節装飾品・シーズンディスプレイ用品 内の商品カテゴリー

桜は、桜の開花予想などが話題となる点においても、これほど多くの人々が「待ち侘びる花」は他に見当たりません。春の店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けの装飾品・ディスプレイ用品において、そんな「桜」の花をモチーフに展開することで、多くの人々の「共感」を得ることができ「親近感」を演出します。

詳細はこちら

春のディスプレイ用品・装飾品、飾り付けアイテム、販促グッズ、花々の装飾品以外にも蝶々やカラーボール、バルーン、タペストリーなどなど、明るく、爽快感溢れるお店を演出できます。春の店舗装飾をして、お客様を楽しませたり、喜んでいただくことでお店の「ファンづくり」につながります。

詳細はこちら

春に咲き誇るチューリップやポピー、スィートピーなどの花々。春らしく軽やかなフラワーアレンジで、春爛漫な店舗装飾を演出してお客様を楽しませましょう。

詳細はこちら

バレンタインデーのギフトイベントのディスプレイ用品・装飾品。タイトルサイン、天井装飾での視認性アップ、お店や売り場の賑わい演出がお客様の購買意欲に繋がります。

詳細はこちら

ホワイトデーのギフトイベントのディスプレイ用品・装飾品。タイトルサイン、天井装飾での視認性アップ、お店や売り場の賑わい演出がお客様の購買意欲に繋がります。

詳細はこちら

お店や施設、売り場での「母の日」の店舗装飾品・ディスプレイ用品、飾り付けアイテムの主役は、当然「カーネーション」。花言葉は、カーネーション全般の花言葉とは別に、花の色(カラー)によって異なる花言葉があります。《カーネーション全般の花言葉》・・・「無垢で深い愛」「純粋な愛情」

詳細はこちら

春・新生活の装飾品・ディスプレイ用品・販促グッズ・飾り付け演出小道具アイテム

2月4日は「立春(りっしゅん)」です。(年によっては2月3日の年の場合があります)

暦の上では「春」の季節の到来です。

しかし、暦では「春」とは言うものの、「立春」の日が寒さの頂点であり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」と言いい、まだまだ寒い日々が続きます。

お店や施設の「春」のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けや販促物は、ショッピングモールや百貨店、アパレル関連など、早いところでは1月の中旬ごろから既に「春」の演出がスタートしますが、一般的なお店や施設では「立春」をメドに徐々に「春」の装飾グッズやディスプレイ用品が飾られだし、バレンタインが終わる2月中旬ごろから、季節的にも装飾的にも本格的に「春の装飾」に切り替わります。

寒い冬から暖かい春への季節の変化、新しい生活への変化など、人々の様々な生活の「変化の時期」、つまり「希望に満ちた新生活のはじまり」であることもまたこの時期の特徴です。

3月の「卒業」シーズン、4月の「新入学」「入社式」など春ならではの行事を控え、「新生活」・「フレッシャーズ」などのテーマで商品訴求する季節です。

気候的には、依然として寒さが残る頃ですけど、2月中旬頃から菜の花や桜などの「春の花々」が登場し、人々に「春を予感」させる店舗装飾・商品ディスプレイが目立ちはじめ、「春の到来」を告げる店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けの演出で人々を惹き付けることができます。

特に桜の開花時期は、一般的に3月下旬から4月半ば頃が多く、日本の新年度が4月から始まることや、学校に多くの桜が植えられていることから、人生の転機を彩る花にもなっています。

人々の移動が盛んになる時期を見込んで、家電関連や家具・インテリア関連などの店舗では、1月終わり頃から「春の新生活応援フェア」「春の新生活イベント」、新社会人・新入生を対象とした「フレッシャーズ応援セール」などのタイトルで販促活動やイベントが、めじろ押しです。