盛夏・初夏の季節装飾品・シーズンディスプレイ用品 内の商品カテゴリー

アサガオは、日本で古くから「夏の風物詩」として親しまれているヒルガオ科の植物です。とても育てやすく、花を咲かせるのが簡単なので、小学校の教材として朝顔の観察日記をつける学校がたくさんあります。お店や施設、家庭でも夏の「グリーンカーテン」として人気があります。

詳細はこちら

七夕は、そのロマンチックなストーリーや願いを込めた短冊の飾りを楽しむ夏のイベントです。大人も子供も楽しめる夏の一大イベントですので、ファミリー層が集まるショッピングモールなど商業施設、アミューズメント・娯楽施設、レストランなどの飲食店などで盛り上がってます。

詳細はこちら

「夏」と言えば何?と言う問いに「海でしょ!」と答える人は多いと思います。海の生き物たち、貝殻、船・ボート、カモメ、南の島、海水浴などなど 海〜【マリン&ビーチ】に関連したディスプレイ用品・装飾品、飾り付けアイテムでの展開は夏の季節装飾イメージの定番ですね。

詳細はこちら

夏の季節に全国各地で行われる「花火大会」は、夏にはなくてはならない、皆が待ち侘びる一大イベントです。夏の季節にお店や売り場、施設に「賑わい」を演出するなら、「花火」が一番!多くの人々が「楽しくなる」夏の装飾モチーフです。

詳細はこちら

「夏」の季節装飾は、「暑さ」と「涼しさ」の両極端の温度感で二つのテーマに分けられます。クールサマーは、暑いからこそ「涼しさ」を求めて「涼感のある」雰囲気を表現・演出する方法です!

詳細はこちら

トロピカルとは、熱帯また熱帯的であるさまのことで、情熱的な南国の雰囲気が漂うイメージ。ヤシの木やオウム、マンゴーやパパイヤ、バナナ、ハイビスカスなどなど、南国の異国情緒溢れる、エキゾチックな夏を演出するディスプレイ用品・装飾品。

詳細はこちら

夏の花、と言えば「ヒマワリ(向日葵)でしょ!」って多くの人が連想する夏の花の代表格。大きな花のイエローカラーと葉のグリーンが、子供から大人までみんなを笑顔にしてくれます。ヒマワリは、夏の季節を演出する王道の装飾品・ディスプレイ用品モチーフです。

詳細はこちら

夏の季節の風物詩「夏祭り」。露店や盆踊りで賑わいますね。祭りの提灯や法被、うちわなど祭りにはたくさんのモチーフがあります。お店や施設、売り場で、セールや売り出しなどの集客で、「夏の賑わい」を演出するディスプレイ用品・装飾品の定番モチーフです。

詳細はこちら

夏のフラワーは、種類もカラーも豊富。初夏の淡い紫系のフジやアヤメ、梅雨時期のカラフルなアジサイ、盛夏になると、和風イメージのアサガオ、イエロー鮮やかなヒマワリ、トロピカルなハイビスカスなどなど、夏の花は、夏の季節演出には欠かせない飾り付けアイテムです。

詳細はこちら

二十四節気の立夏(りっか)から芒種(ぼうしゅ)までの期間を「初夏」といいます。毎年5月5日〜6日ごろ、気温もぐんぐん上がり、「季節の変化」が肌で感じられるころが立夏(りっか)です。みずみずしい「若草」や「若葉」、「新鮮な緑」・「グリーン」がアーリーサマーの基本的なキーワードです。

詳細はこちら

6月から7月の中旬にかけて日本列島に長雨の季節がやってきます。調査会社の消費者アンケートによると、梅雨のシーズンが嫌いという人は、83.6%にのぼります。梅雨シーズンの装飾品は、憂鬱な雨の日を、色とりどりの楽しいカラーで、気持ちを盛り上げてくれるモノが揃っています。

詳細はこちら

「父の日」の装飾品・ディスプレイ用品、飾り付けアイテムの主役は「黄色いバラ」「向日葵(ヒマワリ)」です。黄色い薔薇の花言葉は「献身」「可憐」「美」「さわやか」「友情」「愛情の薄らぎ」「嫉妬」。「父の日」の花言葉にこだわる場合は、黄色い薔薇はゴールドに近い黄色で大輪のバラで飾ると良いようです。

詳細はこちら

盛夏・初夏の装飾品・ディスプレイ用品・販促グッズ・飾り付け演出小道具アイテム

二十四節気の立夏(りっか)(毎年5月5日~6日ごろ)から芒種(ぼうしゅ)(毎年6月5日から6日、7日ごろ)までの期間、5月の初旬頃から6月の初旬ごろまでを『初夏』、ディスプレイ・店舗装飾的に言うと「初夏=early-summer(アーリー・サマー)」といいます。

もちろん、地域や業種によって多少のズレはありますけど、お店や施設、売り場のディスプレイ、店舗装飾、飾り付けのスケジュールは、百貨店やショッピングモールなどの大型施設や、ファッション関連、雑貨小売店等のショップでは、早いところで4月初旬頃から、

「初夏」

「early-summer(アーリー・サマー)」

などのタイトルで、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けアイテムの飾り付けがおこなわれ「初夏」「アーリーサマー」の季節装飾を起ち上げます。

この頃は、一般的に「桜」の季節で、人々の関心は桜の開花や花見の方に行きがちですが、ディスプレイや店舗装飾は「初夏のイメージ」である「新緑」や「若葉」など明るいグリーンに変化します。

季節装飾は、初夏からやがて梅雨(5月中旬から6月)、そして盛夏(6月中旬から8月)というながれになります。

6月の初めから中旬から8月にかけて『夏・盛夏~summer』のディスプレイ用品・装飾用品、飾り付けアイテムの演出物に切り替えるのが、一般的なセオリーです。

初夏のモチーフとしては「新緑の葉」や「藤」などの花々が思い出されます。

行事としては真っ先にゴールデンウィークです。

そして、梅雨。

梅雨のモチーフは紫陽花(アジサイ)ですね。

ギフトイベントは6月中旬の「父の日」。

この頃から黄色い薔薇と同時に「向日葵(ヒマワリ)」などの花が登場し、雰囲気を「盛夏」として展開することもあります。

盛夏は、「花火」や「海(マリン)」「トロピカル」「向日葵(ヒマワリ)」「朝顔(アサガオ)」などモチーフがたくさんありますね。

行事としては、「七夕」や「夏祭り」などなど話題に事欠きません。

「盛夏」のディスプレイ用品・装飾用品、飾り付けアイテムで演出する際、「涼感」を表現するか、「暑さ」を表現するかでモチーフが変わりますので、業種業態、売りたい商品によって様々に考慮することが大切です。